リフォームとリノベーションのリテラシー
リフォームとリノベーション

ルーフリフォームをする際屋根瓦は修繕して使い続けるべきか

ルーフリフォームをする際、通常は屋根を完全に新たなものに付け替えます。しかし、ルーフ素材が瓦である場合は「葺き直し」という方法をとることができます。これは他のルーフ素材ではできないやり方で、屋根瓦を一旦全部剥がして、その下にある屋根下地を修繕してから、元の瓦を戻す方法のことです。屋根瓦を新しいものに付け替える「葺き替え」と比べると、瓦を買い替える必要がない分、費用が若干安くなります。目安ですが、2〜3割ほど予算が節約できると考えるとわかりやすいです。

ルーフリフォームそれでは、屋根瓦のリフォームには「葺き直し」と「葺き替え」のどちらを選べば良いのでしょうか。一般的にリフォームを検討する場合、家は築20〜30年ほど経っていると考えられます。ここ10年ほどの屋根瓦は防災性能が高くなっているので、多少費用がかさんでも葺き替えで新しい瓦に変えたほうが今後も安心して暮らせるでしょう。その際は、今の家に今後何年ほど住み続ける予定かを考えた上で、耐用年数や性能を選ぶことが大切です。一方、葺き直しの方が向いているケースもあります。伝統的な造りの家屋であったり、元々の瓦の風合いをそのままに残したいと考えていたりする場合です。このような場合は、屋根の内側を修繕して元の瓦をそのまま使い続けた方が愛着も残ります。また、立地や構造によっては、葺き替えが相場よりも高額になってしまう家もあります。予算や今後のライフスタイルと相談した上で、リフォーム方法を決めることが重要です。

屋根の内側を修繕それでは、屋根瓦のリフォームには「葺き直し」と「葺き替え」のどちらを選べば良いのでしょうか。一般的にリフォームを検討する場合、家は築20〜30年ほど経っていると考えられます。ここ10年ほどの屋根瓦は防災性能が高くなっているので、多少費用がかさんでも葺き替えで新しい瓦に変えたほうが今後も安心して暮らせるでしょう。その際は、今の家に今後何年ほど住み続ける予定かを考えた上で、耐用年数や性能を選ぶことが大切です。一方、葺き直しの方が向いているケースもあります。伝統的な造りの家屋であったり、元々の瓦の風合いをそのままに残したいと考えていたりする場合です。このような場合は、屋根の内側を修繕して元の瓦をそのまま使い続けた方が愛着も残ります。また、立地や構造によっては、葺き替えが相場よりも高額になってしまう家もあります。予算や今後のライフスタイルと相談した上で、リフォーム方法を決めることが重要です。